Home > 活動報告 > 第6回例会 前期地価動向調査例会を開催しました

第6回例会 前期地価動向調査例会を開催しました


神戸市・芦屋市・三木市
各地区に分かれて各ポイントの
価格入力及び見直し作業をおこないました。
後日、平成23年度 前期地価動向調査一覧表 第46号を発行いたします。
ご興味のあるお客様がおられましたら
各地域の不動産近代化グループ会員店までお問い合わせください。



調査内容

時     価
(F) 世間相場=実勢価格=近代化価格
公 示 価 格
(公) 国土庁が毎年1月1日現在の価格を3月下旬に公示
基準地価格
(基) 公示価格をよりきめ細かいものにするため都道府県が毎年7月1日現在の価格を10月下旬に、公示
路  線  価
(路線) 各税務署が所轄地域の路線(道路)の状態に応じてつけた価格(毎年1月1日の価格を8月頃に公表)
評  価  額 市町村が土地の固定資産の所有者に固定資産税や都市計画税を課税する際に用いられる価格。また不動産が売買されたとき法務局に納付する登録免許税・不動産取得税の計算の基にもなっています。(本一覧表には未記入です。)



次に四価の価格関係を図で示します

四価の価格関係

comment closed:
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Home > 活動報告 > 第6回例会 前期地価動向調査例会を開催しました

記事検索
Feeds

↑ このページの先頭へ戻る